衣装選び

女性にとって最大の関心事はやはり衣装ではないでしょうか。ウェディングドレスは女性にとって、子どもの頃からの憧れ、自分が最高に引き立つドレスを選びたいと思うのは当然のことでしょう。まず決めなくてはならない事、それはドレスを購入するかレンタルにするかどうかです。

購入の場合、既製かオーダーメイドかによって予算も完成までの期間も大きく変わります。購入した場合、持ち込み料などが発生する場合があるので、事前に施設に聞いておきましょう。挙式スタイルや会場の広さなどでドレスの形などの制限も出てきます。プリザーブドフラワーとの組み合わせのドレスもきっと素敵だと思います。

外の教会で挙式をする場合、あまり肌の露出が多いと不都合の場合があります。その場合、手袋やベールでカバーが出来る様な工夫が必要です。それから、おめでた婚の場合は確実に体型が変化していきますので、その辺を踏まえたデザインやサイズを考えて決めましょう。

さらに会場の広さも考えて選択する事も必要です。キャンドルサービスなどで、ゲストのテーブルを回っていく際、狭い所をドレスが邪魔して綺麗に立ち振る舞うことが出来なかったら、折角のドレスが台無しです。大きく広がったドレスを着る場合、テーブルの間隔に無理がないかしっかり確認をすることが大切です。

ウェディングドレスのシルエット

では、ウェディングドレスにはどういったシルエットのタイプがあるかご紹介したいと思います。どれも素敵なドレスばかりなので、このような素敵なウェディングドレスで結婚式を迎えましょう♪

・Aラインドレス
ドレスの全体像がアルファベットの「A」に見える事からそう呼ばれています。縦の線が強調されるので足が長く背も高く見えます。
・マーメイドラインドレス
人魚のシルエットを表現した形です。ウエストから膝までを体にフィットさせて、裾からプリーツやキャザーを入れて広がりのラインを出します。
・プリンセスラインドレス
お姫様のドレスと言ったら誰もが思い浮かべるシルエットです。パニエを使って、腰から裾にかけて大きくふんわりボリュームを持たせます。
・スレンダーラインドレス
体にフィットさせて裾も広げず細めのシルエットを作ります。大人っぽくエレガントなイメージになります。

和装

和装についてですが、白無垢、色打掛、黒引振袖などがあります。昔は挙式に白無垢、お色直しで色打掛が一般的でしたが、最近では黒引振袖の人気が高いようです。挙式で黒引振袖を着る事も可能です。

最近では、白無垢に洋風の髪型、大きな花を飾る斬新なスタイルも芸能人が披露しているので、和装においても時代と共に様々なケースが広がっていくのではないでしょうか。

衣装はばっちり!でも招待状はできましたか?招待状については別ページ(結婚式の役立つガイド!マナーを守った招待状の書き方)をご覧下さい。

 

おすすめWEBサイト 5選

出雲大社で結婚式を挙げるなら
http://www.izumo-goen.com/

最終更新日:2017/5/18