結婚の準備を始めよう

両家の承諾をもらったら、いよいよ結婚に向けての準備が始まります。
できれば余裕を持って準備期間を半年から一年と見ておくと楽に準備を進めることが出来るではないでしょうか。

では、挙式、披露宴に向けて、どのような準備が必要で、どういった事に注意しながらスケジュールを進めていけばよいのか、詳しく説明していきたいと思います。

結納

結納は古くから日本で行われている婚約の儀式です。まず結納を行うかどうか、行うならどのような結納のスタイルにするかを決めます。結納は年々簡略化が進んでおり、結納品を交換するだけの略式結納が一般的になっているようです。両家の顔合わせを兼ねて、食事会と婚約指輪などの記念品を交換するだけのスタイルではありますが、婚約というけじめがきっちりつくことから人気があります。

また最近では、結納品や記念品を交わさず、婚約式と題して、友人も交えての簡単なパーティーを本人などが主催し、婚約を宣言する新しい形のスタイルも出てきています。結婚のしきたりは地域や家庭によって様々です。両家が顔を会わせるこの機会に、お互いの気持ちをよく話し合っておく事が、今後の結婚までの流れをスムーズにすることになるでしょう。

挙式スタイル

結婚式には様々なスタイルがあります。どのスタイルにおいても新郎新婦が結婚を誓う儀式であることには変わりはありません。本人の希望や夢、両家の思いなどをふまえて選択しましょう。挙式スタイルには「神前式」「チャペル式」「人前式」があります。

「神前式」

神殿の設備がある結婚式場やホテル、または神社で執り行うことができます。
式に参列できるのは基本的に親族のみです。決まり事というより、式を執り行う会場が比較的狭い事があって、中々、友人まで参列してもらう事が出来ないのが実情だと思います。衣装に決まり事があるわけでもありません。ドレスでの挙式も可能ですが、やはり着物の方が圧倒的な雰囲気を出すことは間違いないでしょう。最近では芸能人なども次々と有名な神社で挙式を執り行っている様です。そんな様子を見ると、神前式の人気が高まっているような感じを受けます。

儀式のメインである「三々九度」の厳かなる雰囲気は日本人として感慨深いものがあるのではないでしょうか。

この大中小の杯で交わす「三々九度」を持って、夫婦としての契りを交わしたことになります。そして、親族にもお神酒が配られ、「両家固めの杯」を行い、親族関係が結ばれた事を示します。

ここで、神前式の歴史について少しご紹介したいと思います。
皇室の神殿で大正天皇が御成婚の儀式を行ったのが神前結婚式のルーツと言われています。戦前の日本での結婚式は家で行われていました。新婦が家で花嫁支度をし、新郎の家に嫁いで行く、花嫁行列などの光景は映画などで目にした事もあるのではないでしょうか。大正天皇の御成婚後、その厳粛で煌びやかな儀式が民間の憧れとなり、そして戦後には、神殿を設備した結婚式場やホテルが増えていき、広く一般に浸透していった結婚儀式なのです。現在でも、挙式、披露宴は会場で行いつつ、花嫁行列を一つの儀式として執り行っている地域もあります。

「チャペル式」

チャペルの設備がある結婚式場、ホテル、または教会で執り行うことができます。
式には親族はもちろんのこと、友人なども参列できます。長椅子が沢山並べられているので、神前式に比べると大勢の方に祝福してもらえるスタイルだと言えます。バージンロードを父親と歩き、そして新郎の元へバトンタッチする姿はなんともセンチメンタルでロマンティックな光景であることでしょう。

式場やホテルでの挙式では全く問題にはならないのですが、外の教会で式を挙げる時に注意しなければならないことがあります。キリスト教の信仰は問われないのですが、教会で式を挙げるには、大体のところで、牧師様との面接、事前の勉強会や礼拝などが必要です。それをパスして晴れて挙式のお許しがでる形になります。また教会では、あまり肌を露出することは好ましいとはされていませんので、その辺も、問い合わせや相談できちんと確認しましょう。

「人前式」

人前式に場所の制約はありません。結婚式場、ホテル、レストランなど様々な施設で執り行えます。
基本的に招待した方全員が参列する形になります。神様ではなく、親、親族、友人知人全員の前で本人により結婚の誓約をすることがこのスタイルの特徴です。

今ではこの人前式も一般的になり子の世代では普通に浸透していますが、親や年配の方には馴染みが薄く、抵抗があることも確かなので、よく相談されてから選択する事をお薦めします。しかし、反対していても、実際、人前式を体験すると、アットホームで大勢の方から祝福される事は喜ばしく、またゲストとしても式と披露宴と同時に楽しめるので、意外に良かったとの声も大きいのです。

衣装も和装洋装も問いませんし、式次第も自分達で決められるので、自由度が高く個性の見せ所満載な挙式スタイルと言えるでしょう。

注目サイト

赤ちゃん用のプレイマットはこちら
http://www.caraz.co.jp/SHOP/164155/list.html

2017/5/19 更新