婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪

結婚が決まる前の大切な儀式と言えば、プロポーズですね。プロポーズは男性女性どちらからとはないのですが、理想としては、男性よりプロポーズされ、そして約指輪を渡して欲しいものですよね。昔は月給の3ヶ月分の価格と言われていましたが、現在はそのようなこだわりを持つ方は少ないのかもしれません。CMの影響や男性が一人で婚約指輪を購入する時の目安としてあったのではないでしょうか。

現在は種類もデザインも豊富にあるので、男性が一人で婚約指輪を選んで贈るというよりは、二人で選んで購入する方が多いのではないでしょうか。突然プロポーズされ、婚約指輪を渡してもらうというサプライズも確かに嬉しいことですが、女性の気に入った婚約指輪を無理のない金額で購入するのがベストな選択だと思います。最近の相場でいうと30万円前後が多いようです。

やっぱりダイヤモンドが人気?

ダイアモンドが定番と考えられていますが、決まりはありません。新婦の誕生石や好きな石でも良いのです。

ダイアモンドには4Cという品質基準があります。カット、カラー、カラット、クラリティ、これらをそれぞれ評価して、価値が決まります。もちろん、品質が上位であればある程、価格は高くなっていきます。しかし、無理をしてまで高品質のダイアモンドを選ぶ必要はなく、気に入ったものを選べば良いと思います。

婚約指輪は婚約の儀式として結納の時に指にはめてもらうなどセレモニー的な要素もあります。なので、結納以前に男性からプレゼントされていても、一度お返しして結納の席で頂くと、また新鮮な気持ちになると思います。

地域によって違いはあると思いますが、婚約指輪も結納金の一部となるので、あまり高額になると結納返しも大変になるので、両家で相談する事も大切と言えるでしょう。

結婚指輪

婚約指輪の次は結婚指輪ですね。婚約指輪を購入しないケースは結構ありますが、結婚指輪は大多数の方が購入するのではないでしょうか。挙式では結婚指輪の交換は儀式として、和洋問わず執り行われているセレモニーであると思います。

近年を見ると、男性も結婚指輪は常用しているケースが増えているので、どんなシーンでもしっくりくる様にシンプルで機能的なものが人気のようです。婚約指輪は男性から贈るものですが、結婚指輪はお互いに贈りあうものと捉え、購入もそれぞれ別会計にしているケースも多く見られます。結婚指輪は永遠の愛を誓ったものの象徴とされ継ぎ目がないことが、途切れる事のない愛を意味し、その起源は古代ギリシャからと言われています。結婚の誓いはギリシャからだったんですね。

結婚指輪には内側にイニシャルやメッセージ、日付などを刻印します。挙式に間に合わないなんてことがないように余裕を持って選び、購入するのが望ましいでしょう。

ジュエリーショップやデパートに足を運べば様々なタイプの婚約指輪、結婚指輪が並んでいます。専門知識を身につけたアドバイザーが丁寧に対応してくれることでしょう。予算、希望を伝え、納得いくまで選びましょう。大切な記念品、そして一生の物です。

指輪のオーダー

婚約指輪、結婚指輪どちらにも共通することですが、既製の物で気に入ったデザインがなければ、オーダーが可能であるということです。

・フルオーダー
デザインからすべてオリジナルで作れるので、世界でひとつ、二人だけのオリジナルリングが出来上がります。完成まで数ヶ月の時間を要するので、余裕を持って準備しましょう。
・セミオーダー
石とリングをそれぞれ選び、組み合わせて作るので、手軽でありながらもオリジナリティが出せます。予算から選ぶ事が出来るので人気が高いようです。完成までの時間もあまり要しないのも魅力です。

フルオーダーやセミオーダー、様々な希望に対応してくれるジュエリーショップは沢山あるでしょう。シンプルな結婚指輪を婚約指輪とセットリングにして豪華さを演出したりすることも出来るので、婚約指輪と結婚指輪を同時に同店で購入するのも良い方法だと思います。また同じシリーズでなくとも重ねづけ出来るデザインのもあります。

先程、挙式で結婚指輪の交換の話をしましたが、この儀式のために必要なウェディンググッズがあります。それはリングピローです。指輪を運ぶ大切なものなので、こだわって選ぶ方がとても多いグッズなのです。また、新婦さんが忙しい結婚準備の中で何か記念に手作りしたいと思った時、リングピローは簡単に出来る記念グッズになると思います。

もちろん式場などで用意もしてくれますが、皆さんの注目の儀式なので、個性の発揮できるシーンでもあります。リングガールやリングボーイに協力してもらいリングピローに乗せた結婚指輪を運んでもらう演出はとても素敵だと思います。

良く聞くサムシングフォーという言葉の意味をおわかりですか?結婚にまつわるものとしてサムシングフォーがどのような意味を持っているのか別ページ(幸せになれるおまじない「サムシングフォー」の伝え)でご紹介しています。